理学療法士の求人を

選ぶポイント

雇用形態で選ぶ

理学療法士として働くなら、求人では雇用形態をしっかりチェックしておいてください。理学療法士は正社員の仕事も沢山あり、多くの方は正社員での仕事を求めています。しかし、近年は需要の拡大とともに供給も拡大しているため、理学療法士としての雇用形態も変わってきました。中には契約社員や派遣社員として働いている人もいるのです。国家資格を取得していてアルバイトやパートをやるという方は少ないですが、契約社員や派遣社員は今後も増えていくでしょう。アルバイトやパートよりも給料は高いですし、中には正社員よりも給料が高い人もいます。

しかし、やはりしっかりと地に足を着けて働きたいなら、正社員として採用してくれるところを見つけていきましょう。理学療法士の場合は病院やクリニック、診療所で働くことはもちろん、その他にも色々な職場があります。その中で求人を見つけていく場合は、基本的に正社員を選ぶようにしてください。もちろん、働き方は人それぞれなので「若い内は契約社員でも派遣社員でも良い」ということであれば例外もあります。正社員に固執する必要もないのかもしれません。そこは本人がじっくりと考えて、どのように働きたいのかを今一度整理しておくことをおすすめします。